ボタニカル展に寄せて

3月から始まるボタニカル展に際して、工芸館から質問シートなるものを渡された。

その中の、あなたにとってのボタニカルとは、という質問を見たときに思い出されたことがたくさんあったので、少し書いてみようと思う。

ボタニカル=植物からつくられた、植物由来の、

植物を思い浮かべるとき、一番思い出すのは幼い頃からの家族との時間。

私の家の庭にはたくさんの植物がある。

松、泰山木、椿、山茶花、サルスベリ、シュロ、コブシ、柘植、ボケ、などなど

そのいろいろの木々の一部は、祖父が植えたものと聞いている。

それは私が生まれる何年もまえのこと。

祖母は庭で育てた花を町へ売りに行っていた。

ガーベラ、バラ、菊、ミヤコワスレ、が今思い出せるその当時の花。

夏の暑い日に、父に名前を聞いたモミジアオイ。

モミジに似た形の葉っぱで、真っ赤な花を咲かせる。

辞典で一緒に探して確認したことを覚えている。

今は母と二人、季節ごとに咲く花を大いに楽しんでいる。

特にオオヤマレンゲと泰山木は、とても良い香りがするので蕾ができると枝ごと切って、玄関や部屋のなかへ。

咲いたら1日しか持たないというなんともはかない花だけど、香りは家中に広がるくらいに強くて、どこにいても幸せで優雅な気分になる。

ツツジもサツキも金木犀も咲くし、月桂樹は料理に使えるし、

ラズベリーで作るジャムは最高。

この木々は、ここで暮らしてきた家族と、家の歴史をずっと見てきた。

今も変遷を繰り返し、たまに新顔が加わったりもする。

(でも失敗したりもする。あと忘れてしまって放置、もある。ごめんなさい。)

そういうわけで

私にとっての植物は、家族との思い出。

会ったことのない祖父とも、記憶の中にしかいない父や祖母とも、いつでも繋いでくれる。

今日は父の20回目の命日と

東日本大震災が起きた日。

家族の繋がり、人との繋がり、命のはかなさと尊さ、繋がってきた奇跡と軌跡。

そういうものを考えながら、

この同じ景色が、どうか平和にずっと続いてくれたらと願う。

植物と共に育ててくれた家族に感謝している。

これからもこの場所が続く限り、家族の暖かい記憶がたくさん生まれる場所でありますように。


特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
    • Tumblr Social Icon
    • Instagram Social Icon
    • Twitter Classic
    • c-facebook
    © Copyright 2016 fumiko-s-woodturning